博多の生餃子 福包み

新着情報

「福包み」の餃子

福包みの「福」は幸福の福。そして、福岡の「福」福岡県産をはじめ、各地の厳選食材で、丁寧に作られたこだわりの生餃子。ご自宅用はもちろん、博多の手土産としてご利用ください。

●皮 国産小麦を使用して作られた薄皮を使用。焼き目はカリッと上部はふっくら優しい口当たりに。ご高齢の方からお子様まで、お召し上がりやすくなっております。

●具材 福岡県ブランド豚の「糸島華豚」使用。九州のキャベツと青森のニンニクを100%使用。コラーゲン入りで、ジューシーな餃子です。

●味 カツオと昆布の和風だしと無添加調味料等で味付けしています。着色料、保存料、漂白剤、発色剤などは一切使用しておりません。

●焼き方のコツ 薄皮を使用しているため、焼き方が難しいとの声をいただきます。基本、少し間をあけて、餃子同士がくっつかないように焼いてください。蒸し焼きにする際、酢を少し入れ、焼きあがってすぐに離してあげるとよいとも言いますが、この場合、焼き目もカリッと仕上がらないため、やはり離して焼くのが一番良いと思います。水を十分の飛ばし、焼き目を付けて仕上げます。この時、ごま油で仕上げるとよりクリスピーには仕上がりますが、油が苦手な方はそのままでも十分おいしくいただけます。

福包みの餃子にはにらもおだしもすべて皮の中に包みこまれていますので、そのまま何もつけなくても十分美味しくいただけますが、お好みによって、スダチをかけたり、ポン酢やラー油などをつけてお召し上がりください。ただ、ポン酢をかけると、少し味が濃く感じる方もいらっしゃいますので、まずはそのままお召しあがりく。

糸島華豚

●健康

抗生物質に頼らない飼育が確立された、全国で数少ない養豚場である契約生産者「井上ピッグファーム」(福岡県糸島市)によって育てられました。抗生物質による治療ではなく、生菌剤・植物性乳酸菌、酪酸菌を豚に与えることによって、豚自体を強く健康に育てています。

●飼料

非遺伝子組み換え(NON-GMO)・収穫後農薬無添加(PHF)のとうもろこしを使った植物性飼料で肥育。

●防疫

九州産飼料米・酒米糠(米粉)を哺乳期以降通期で給餌。また、入室する際は、専用のユニフォームに着替え、厳重な防疫体制をとっています。

【TORIZEN/糸島華豚パンフレットより引用】

国産野菜

福包みの餃子は、福岡県産をはじめ、国産野菜のみを使用して作られています。地産地消を目指していますが、年間を通して、安定的な生産が難しいことから、基本的には福岡に限定せず、九州の野菜を使用しています。にんにくは現在、青森県産を100%使用していますが、ゆくゆくは、こちらも九州産のニンニクを使用したいと考えております。

Shop Info.

駐車場のご案内

店舗横 1台(無料)

2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

11:00~18:00

11:00~18:00

Copyright © 2021fukuzutumi  All Rights Reserved.